身体と水分の関係

人間の体は約6割が水分でできているといわれています。これは大人の割合で子供はもう少し高く8割くらいといわれています。
これだけたくさんの水分量でできている身体ですから、水分が不足しているとさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

 

運動する人やしない人によって、また身体の大きさなどからも一人一人が1日に必要とする水分量は変わってきますが、大体大人一人で2〜3Lが目安といわれています。

 

1日2L摂る事を目標とするのなら、まず朝起きて最初のコップで一杯。(コップ一杯を200ccとします)朝食時に一杯摂り、午前中、お昼ご飯時に各一杯ずつ摂ります。これでもう800cc摂れていますね。食後に一杯、3時の休憩時に一杯、そしてまた5時頃に一杯摂ります。お家に帰ってきてまずお水を一杯、そして夕食時に一杯、そして就寝前に一杯摂る事で2摂れました。

 

こうやっていつ摂るかということをシュミレーションしてみると案外できるかもしれません。

 

身体の中にはたくさんの水分があるということは知っていると思いますが、水分って食事時にもお茶を飲んだりしているし、結構足りてるんじゃないの?と思っている方、要注意ですよ。

 

水分と言っても、コーヒーや紅茶だけでも良くないですし、もちろん飲酒だけでも良くありません。特に、睡眠薬代わりに飲酒をしていると言うのは質の良くない睡眠になってしまうので、あまりお勧めできません。

 

特にお酒と言うのは、飲んだら身体の中でお酒の成分を分解しようとしてとても喉が渇きます。これって体に水分が不足している証拠なんですね。

 

普通にお酒を飲まなくて就寝しても、人間は200〜300ml程度の汗をかいているといわれています。つまり寝る時に消費する水分も寝る前に補給してあげなければいけない事になります。

 

しかもお酒を飲んでいる場合は、それ以上の補給が必要ということになるのですね。寝る前に水分を摂ると、夜中にトイレに目が覚めて嫌と言う人もいると思いますが、それは寝る直前に摂っているからなんです。せめて寝る1時間前には飲んでおくようにすると良いですよ。

 

水分が不足すると、肌荒れや便秘だけでなく、いろいろな成分を運ぶ血液も濃度が濃くなってしまい、ドロドロになってしまいますので、水分の摂取を心がけてみましょう。

 

身体,水分,関係今月の人気ウォーターサーバー

シェア1のアクアクララ
身体と水分の関係 身体と水分の関係
1か月のコスト最安値!
身体と水分の関係 身体と水分の関係
モンドセレクション金賞受賞
身体と水分の関係 身体と水分の関係

 

身体と水分の関係